2013年05月28日

エスカーとドライブ

DSC_0198.jpg

今日はイバ子こと(ミッキーだっけ?)イバニスの避妊手術とエスカーの診察のため、病院までの道のりをドライブ。
車の中でも大人しいエスカー君。
車酔いもなく、物珍しそうに外を眺めていました。

DSC_0200.jpgDSC_0197.jpg

保護した時にまずるに縛られた跡があると言われ、そういわれてみるとなんとなく横に線が入っていたので、虐待されてたの?と思っていたけれど、よ〜く見ると毛並みの流れが切り替わっているだけのような、と思い先生に聞いてみたら、やはりこれは毛並みですよ、と言われました。
よかった、どんな経緯できたかはわからないけれど、縛られていたのじゃなくてよかった。猫(泣)
でも、この子を見ていると、もって生まれた従順な性格もあるのでしょうが、強いわんちゃんには引いてしまうところはあるけれど、人間に対しては、心を開いて信頼して甘えてくるので、それほどひどい環境にいたのではないようです。
人間に例えると育ちのよい、内気な男の子といった感じですね。揺れるハートDSC_0199.jpgDSC_0194.jpg

イバニスが避妊手術で入院のため、いつも一緒にいたアスランは相棒を探して、寂しがるだろう犬(泣)と思いきや、ダックスお得意のお腹出して、うねうねして、くつろいでいました。たらーっ(汗)
アスラン「ごはんがもらえれば、僕は幸せなのハートたち(複数ハート)」だそうです。。。

このへそ天、うねうねはどの子もやるようで、タイミングとしては朝ケージから出たとき、食事が終わってほっとしたとき、散歩から帰ってきた時など、「ふぅ〜!」っていうときかな。
そんなとき5頭がおもいおもいの場所でうねうねしている景色はおもしろいですよ〜わーい(嬉しい顔)

唐突ですが、イバニスの名づけ親、息子のバンドのツアーが先週で終わったようです
DSC04187.jpg
ジャンルはエモスクリーモ(ポップパンクとメタルの間みたいな)で、右端の白金頭が息子です。
びりぃ「Penny Weight Holdっていうの、うちのパパのバンドをよろしくね!」とびりぃが言ったかどうか、知らないが。。。
びりぃは息子が飼い主なので。


ニックネーム パッシェ at 01:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

もう午前中の散歩はやばいかも(~_~;)

DSC_0189.jpg
初夏が近づいてきたとはいえ、まだ涼しい風がふき、外を歩くのも気持ちのよい季節です。
いつもと同じ散歩コースでは犬たちも刺激がないと思い、綱島街道を渡った反対側の慶応大のある山方面に行ってきました。
出かけたのは10時過ぎ、地面を触ると少し暖かくなっていました。足の短いダックスたちですから、大丈夫かなたらーっ(汗)と思いつつも、肥満犬が3頭もいるので、お散歩続行。
しばらくこちら側には来ていなかったので、家から2,3分のところですでに道を間違えるあせあせ(飛び散る汗)
そして思い出した、急な上り坂。。。老犬のびりぃをだっこして、どうにか慶応の高校のグランド前の頂上にでました
(それにして贅沢なグランドだな〜、きれいに整えられた芝のグランド、ちょっと外国ぽかったです。お月謝高いのだろうな。。親に感謝しろよ〜パンチ
DSC_0190.jpgDSC_0187.jpg

よそのうちのことはさておき、みんなお疲れの様子。
頂上?には日蔭がなかったので、駅前の信号を渡り、西口商店街をぬけて、昼なお暗き八十階段から家に戻るルートへ。
老犬びりぃを気遣いながら、少しペースを落として進むと、小学校の前あたりでうちのトレが地面にひれふしてしまいました。
彼はマーキングがしたいときにも「嫌だ!ここで止まって、まぁきんぐする〜!」とわがままをいうので、またそれかと思って、だめ!と合図してまた歩き始めたら、またすぐにぺたっと。
それでは中途半端なところではあるけれど、少し休憩と、道の端によったところ、植込みの土に急いで入り込み、ふせしてしまいました。
他の3頭はさすがに若いせいか、まだまえだ余力が残っているとみて、いたって冷静な様子。
以外にびりぃも大丈夫そう。そうだよね、長い上り坂ぜんぶだっこできたんだものね。
老犬びりぃにばかり気を配っていたお散歩ですが、そうだよね、トレも保護犬だから正しい年齢わからないけれど、若くても7歳くらいにはなっているから、立派にシニアの域に入っているのだね。犬(泣)
ちょうどうちの息子が卒業した小学校の前だったので、5分間くらい休憩しながら、遠い日の「あんなことがあったな、こんなこともあったな」なんて、あまりよろしくない思い出が再生され始めたので、「さぁ、そろそろみんな!」とお散歩再開。
80階段は周りが竹藪に囲まれた国の自然保護地区で商店街の裏にこんな自然が残っているのには驚きです。
(東横線からも階段下の畑や田んぼの保護されている地帯はみることができますが、最近国からの許可が下りたのか、田畑の一部が民家や集合住宅が建ち始め、すこし残念です。

話はそれてしまいましたが、階段の途中でお水休憩をして、おうちへと戻ってきました。正味1時間くらいですが、のぼり斜面があったりで、ダックスにはきつかったかもしれません。
病院では小型犬のお散歩推奨時間は20分くらいって言ってたような。。
帰ってくるとみんな、疲れたのか、おもいおもいの場所でねころがっていました。
今日は筋肉痛かな。。

ニックネーム パッシェ at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

トライアル前日のドナテロ 

ドナテロがトライアルに行った日の前日、金曜日はとても気持ちのよい天気でしたので、「日吉の丘公園」までみんなで散歩にいきました
DSC04142.jpgDSC04143.jpgDSC04144.jpgDSC04145.jpgDSC04149.jpgDSC04150.jpgDSC04151.jpg
ドナテロはしゃぐ、はしゃぐるんるん
普通のお散歩では思いっきり走れないものね犬(笑)
DSC04152.jpgDSC04153.jpgDSC04155.jpgDSC04156.jpg
トライアル当日、車に乗る直前。ご飯少な目だったけど、抜きはかわいそうだからみんなと一緒に朝食は食べました。
町田までの一時間ちょっと、酔わないといいね。
最初はすぐに酔ってしまうドナテロでしたが、最近大人になって体力がついてきたのか、一時間ちょっとくらいは大丈夫なようです。その辺が境目。
一時間半を超える、真心さんの譲渡会や病院は着くと、戻していたけれどだんだんに慣れていくのではないかと思います。

DSC04157.jpg

そうそう、ミッキーは譲渡(うちの子)になります。
ヒートが来ていたので、まだ避妊手術が終わっていないので、手続きはまだ先ですが。なぜミッキーという男の子の仮名にしたかというと、うちの子たちはグリンディーのメンバーの名前を付けています。彼らは3人グループなので残る一人はマイク・ダントです。でもマイクだとまともに男の子の名前。
なのでミッキー・ダントでいいのでは?と。
早速会長からは「ミッキーは男性の名前よ!」と。
正式に名前を決めるにあたって家族の中でなかなかまとまらず。私はマイコ・ダント(何故そんなにこだわる?!)でマイちゃんでどう?と提案しましたが、洋楽大好きバンドマンの息子になんだか日本でよくいる名前だから嫌だと却下。
だんなはなんとしても茨城のイバを入れたがり、当初来た時からアスランをイバ男、ミッキーはイバ子、15日にきたエスカーは勝手にイバ造と呼んでいます顔(汗)

今有力候補はギターリストな息子も納得のいく「Ibanez アイバニーズ」と書いて、イバニスではどうかと、検討中犬(足)
どうでもいいわ、好きに呼んでたらーっ(汗)とイバ子。
あ!いけない!がく〜(落胆した顔)私までイバ子って言っちゃった!DSC04105.jpg

ニックネーム パッシェ at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする