2013年11月07日

ルーイのその後とびりぃの入院

ルーイの術後は順調で、上の階での生活にもすっかり馴染み、ごはんの時の待てもほんの少しできるようになりました。

DSC_0647.jpg

日光浴も大好きだけど、私が中に入ってしまうと、不安なのか「僕も、おうちに入る!」と言いたげに、鼻をならしてました。

お昼寝タイムはうちのわんちゃんたちと一緒になって寝てましたが、うちの子たちは暗黙の境界線があって、それよりこちら側には来てはいけないと、心得ているのだけど、ルーイはまだわからないので、何度言っても私のそばにくっついて寝ています。
かなりの甘ったれさんです。かわいいから許しちゃうけど。

DSC_0655.jpgDSC_0657.jpgDSC_0658.jpg

この時はみんな元気にしていたのに、うちのびりぃとトレがおとといから具合が悪くなり、びりぃはお腹を壊して入院してしまいました。もともとお腹の弱い子だったのですぐ、お腹を壊しては下血をしていたのですが、今回はちょっと重症だったので、大事をとって、入院しています。
食欲がないので、点滴で栄養補給をしています。
おとといの夜、下血でつらそうだったので、夜2時ころ夜間動物病院へ連れていきましたが、次から次へと患畜が運ばれてきて、人間の夜間救急と同じで、最初に緊急かどうかのトリアージをして、そうでない場合結構待ちます。
私としてはとりあえず、救急治療で止血剤と抗生剤を打ってもらって、朝になったらかかりつけのお医者さんでちゃんとみてもらおうと思ったのですが、血液検査からレントゲン、超音波をしますと言われ、ちょっと躊躇してしまいました。
でも、血液検査がとても良い結果だったので、レントゲンなど他の検査は免れ、注射と点滴(1分間くらい( ;∀;))で帰れました。
10歳にしては優秀な血液検査結果だったそうです。

朝になってかかりつけの病院へ行き、状態があまりよくなく、熱もあったので、入院になってしまいました。
明日、食べても吐かなかったら退院できるのでしょうが、とても心配です顔(泣)

同居のトレも同時にお腹をこわしたので、何かしらの誤飲が疑われたのですが、思い当たることがなくて、今でも?なのです。
びりぃには食ふんの癖があるので、もしかしたらトレが何かを食べてしまい、間接的にびりぃにも、と考えてしまいます。
同居のイバ子や保護犬のルーイは異常なく二人とも元気いっぱいです。

ルーイはとても元気で部屋の中をいったりきたりと走り回っているので、元気が対照的です。

明日よくなって、退院できるといいです。早くびりぃにあいたい。
からのケージがとても寂しいです。。。。

DSC_0662.jpg

1泊入院で退院できたトレ。万が一のためにまだ点滴の管が腕にはいっているため、エリザベスをして、不愉快そうなトレ。でもまだ本調子じゃないから、だるそうです。

ニックネーム パッシェ at 23:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

ルーイ無事手術完了! 

先週の金曜日にルーイが去勢手術をうけてきました。
土曜日に退院し、しばらくは兄弟たちと一緒だと傷をなめてしまうので、目の届く別々の部屋にいます。

DSC_0642.jpg

うちにてケージに入っているときは手術着のみだけど、心配性なので、万が一傷口を引っ張ってぱっくり開いちゃったら、と思うと怖いので、留守中と夜寝るときは厳重にエリザベスも使ってます。

私が家にいてフリーの時は、手術着も脱いで、マナーベルトのみです。
みんなのを見て真似するのか、今日はほとんど犬用シートのところでしていました。
でも、うちはいろいろな犬の臭いがついていてマーキング心をそそらせるので、しばらくはマナーベルトしておいてもらおうかと思います。

DSC_0632.jpg
ルーイ、失ったものを思い、茫然とたたづむ。。「なぜかバランスが悪いっていうか、軽くなったというか。。。病院へ何か忘れ物したのかな?。。。」
DSC_0633.jpgDSC_0638.jpg

残りのデューイとヒューイは15日に手術なので、17日の譲渡会に参加の前に退院します。
ルーイは15日に抜糸してしまうので、参加は予定していません。でも、ルーイに興味のある方は事前にご連絡いただければ、譲渡会連れていきますよ(#^.^#)

DSC_0621.jpgDSC_0626.jpg
金曜日には手術に連れて行った帰りにセンターから出てきたプードルをトリミングをしていただいて、病院から引き取りに行ってきました。
うちで一泊して預かりさんのお宅へ土曜日に移りました。

2歳くらいの若くてかわいい子です。毛玉がひどかったので、マルガリータにしてもらいました。今の季節にはちょっと寒いかな。。
早く、くるくるカールのきれいな巻き毛が生えてくるといいねるんるん

彼も15日一緒に手術です。

ダックスたちがきて2週間以上がたち、わかったことは彼らはまだとても若いということかな。
歯もきれいだし、上で遊んでいるとまぁよく動くこと。短い脚でちょこちょととあっちこっちくまなく歩く、走る。そして子犬あがりの若い犬だということを忘れていて、フリーにしたまま、今日は仕事の後、疲れていてうたたねをしてしまいましたところ、玄関においてあったサンダルのビーズがぼろぼろにくだかれていました。
そしてすでにうちのいぬによってほずれていたクッションの中綿がばらばらに。。。

しばらく年配の犬たちと暮らしていると、緊張感がゆるんできてしまったようです。
気をつけねば。
もちろんお散歩は、うちの犬ですら何が起こるかわからないので、いつも気を抜くことはありませんが。

そういえば、ドナテロもいろいろ破壊してくれてたっけ、ちょうどそんな感じなので、まだ2歳いってないのかなぁ、なんて2週間一緒に暮らしていて思いました。
そしてすごーく甘えん坊で、他の犬以上にひっつき虫です。
いっぱい甘えてほしい方向きだと思いますハートたち(複数ハート)

それではダックスたち譲渡会に参加しますので、見に来てやってくださいね。
私の都合で譲渡会終了と同時に帰ってしまうので、2時前にはお願いします。


ニックネーム パッシェ at 23:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする