2014年11月22日

倒れた振りをする超演技派ドナルド(^^;)

昨日、ケイティはトライアルへと出発しました
大変内気なケイティは、案の定不安そうにしておりましたが、今までも「よその人怖〜い」と言って私のそばを離れなかった子たちも、新しい家族の元、たくさんの愛情をそそいでいただき、再会した頃にはワタシのことなどは忘れて、ママにべったりになっていて、感謝の気持ちとともに、うれしいきもちになったものです。

ケイティもどうか新しい環境に馴染んでくれるとよいです。

ところで表題のドナルド様ですが。。。
確かに重い病気を抱えており、体力もないのでしょうが、ほかの子たちと一緒に散歩にいきたがるので、スリングを購入し、途中で歩けなくなったら、抱っこして帰る、作戦にしました。(先に散歩に単独でいっても、その後みんながいくと悲壮な声で泣くので)

昨日は割とはやいところで、「母さん無理です」コールが出てしまい、スリングにIN.
少し太り気味ではあるので、家の近くまで来たので、最後は少し歩かせようと思い、おろしましたが、数歩あるったら、また歩かなくなり、もちょっとだから、と歩くようせかしたら、寝転がって横になってしまいました。
(゚o゚;)これは相当つらいのか?とまただっこして、帰宅。

直後にみんなにおやつをあげようとしたら、隣の部屋にいたドナルドがすごい軽やかに走ってきました。
ついさっきの「ボク、もう死にそう( ・_・;)」は、どーしたんだ?
むしろ五人の中で一番元気だぞ!
と、ドナルドの見事?な演技を疑いながらも、いやいや体力落ちて持久力がないから、演技なんて言っちゃかわいそう、と思いつつ???
お茶目な表情に癒されてます

ドナルドがもっとたくさん幸せな日々をすごせますように。

ニックネーム パッシェ at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする