2015年04月22日

ドナルドのお見送り

日曜の午前中、真心霊園さんにてドナルドとお別れをしてきました。

会のIさん、Sさんご夫婦が一緒にお見送りをしてくださいました。
きれいなお花をドナルドのためにありがとうございました。
この日はちょうど譲渡会が緑山霊園で開かれていたのでスタッフの方々は立ち会うことができませんでしたが、一人で見送るのはさみしいでしょうと、お心遣いをいただききてくださいました。


その日の午後、ドナルドは荼毘にふされました。

日曜日、「昨日はまだどんちゃんの遺体があったけど、今日はもう本当にいなくなっちゃったんだ、」ということでより一層悲しくて、誰かと話してきてもすぐ泣いてしまいどうにもなりませんでした。

ドナルドと同じ時期をすごしたケイティの里親様も生前、闘病中から心配してくださって励ましのメールをいただいておりましたが、亡くなってからもお悔やみのご連絡をいただき本当にありがとうございました。

同じダックス家からの卒業犬の里親様M様からはとてもきれいなお花をいただき感謝です。

本当に皆様ドンちゃんを気にかけていただき、ありがとうございました。

IMG_0372.jpg

たくさんのお花をありがとうございます(T_T)

この数日間お散歩に出ることができませんでしたが、昨日三頭でお散歩にいきました。後ろからとぼとぼついてくる白い影がもういません。
ゆっくり歩いて、待ってあげることもありません。それがなんだか悲しくて、寂しくて、散歩しながら涙が出てしまいました。夕方で暗くなりかけていて人に見られなくてよかったです。

でもきっとシルバーダップルと白い2頭のダックスがうちの子のあとをついてきているかも、と思いながら歩き続けました。



ニックネーム パッシェ at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

ドナルドがお空へ逝ってしまいました。

少しでも元気になって帰ってくることを夢見ておりましたが、願いは叶わず今日10:21に永眠いたしました。
生前には皆様の温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。

IMG_0353.jpg

朝、病院より連絡が来て、状態があまりよくないのでお昼までもたないかもしれません、と。たとえもっても数時間なので、このままにしておくと本人も苦しいので安楽死という選択肢も、とのことで、とにかく急いで病院へ向かいました。

あいにく車が自宅になかったので、家族の仕事場までバスで取りにいき、お昼前にはついたのですが、もう逝ってしまった後でした。
でも最後は意識もなく、最後は眠るように息を引き取ったそうです。
一番幸せな亡くなり方でほっとしました。苦しまなかったのが本当によかった。。。

会えなかったのは残念だったけど、きっと昨日会いに行ったときはもう心は半分お空に昇ってしまっていたのかもしれません。
昨日の面会までがんばっていてくれたのでしょう。

動物って、去っていくのタイミングを怖いくらい図っているような気がいつもします。
うちの動物たちを今まで何回も見送りましたが、たいてい一番大好きだった人たち全員がそろったのを見届けてから逝ったり。
今回も来週は私の仕事が一週間フルで入っており、でもいだとなったら休む気ではおりましたが、今週は逆にめずらしくぽっかりシフトが入っていない週でした。

そんなタイミングで具合が悪くなり、入院、最後の面会、お迎え、そして明日のお別れ、すべて仕事のオフをドナルドが私に気を使ってくれたような気がしてなりません。

あの子らしいです。

いつも控えめで、でもぴったりくっついていたくて、足元にいる。
でも決して他の子を押しのけたりでしゃばらない。
元気な時はちょっぴり嫌なことをされるとう〜ってうなって時にはお口がでることもあったりのわがままさんなとこも少しだけあったり。ちゃんと自分を主張するところは持っていたんだよね。

明日、午前11時をめざして真心霊園さんにてお別れをします。

今日は横のソファで寝ようと思ってます。

IMG_0354.jpg

びりぃも不思議そうにのぞきにきました。

IMG_0363.jpg

トレとイバ子も。
トレはいつまでたってもその場を離れません。
ドナルドと仲の良かったイバ子ならまだしも、ちょこちょこドナルドをからかっていたトレが?やっぱり悲しいの?(T_T)と思いきや、ドナルドが抱えているカーネーションの花をいたずらしようとねらっていただけでした(-_-;)

上手に細くて小っちゃい手をケージの隙間からつっこんで花を一輪取り出してしまいました(-_-メ)

トレ「花泥棒は罪にならないのさ」っていーたそーなチョコタン小僧!この場合は百パー罪になりますっ!

IMGP0181.jpg

元気なころのドナルド

これでしばらくダックス家の預かりは終了となります。
ダックス家から巣立っていった70頭あまりの保護犬たちを支えていただきましたたくさんの方々、本当に今までありがとうございました。
一頭一頭来た時からのことをついこないだのことのように思い出します。
みんな元気に幸せに暮らしてくれていることを祈ります。

そして保護犬を通して、生き物を飼うということは家族をひとり迎えるわけで、そこには終生「飼いとげる!」決意をもって決断していくことが必然だと改めて認識していただけたらいいと思います。

飼いとげるとは、一言でいうと簡単ですがその子の一生、自分の生活、いろいろなことがあると思います。思いもよらないこともあることも。
それでも困難にめげず、最後まで飼い通してほしいです。
生きていれば、病気もします。ちゃんとしつけなければ悪さもします。そして一番つらいお別れ。。それらを全部受け入れる気持ちで決断してほしいと思います。
決して衝動買いや、その時の気分だけで決めないでほしいと思います。
彼らはその一生の最後の時を、大好きな人にそばにいてほしいはずですから。

長い間、皆様 本当にありがとうございました。

引き続き当会をよろしくお願いします猫(足)





ニックネーム パッシェ at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

ドナルドはまだ入院してます

ドナルドはがんばってます!

昨日は電話がなるたび、びくびくしていた一日でした。
病院が休診日のため、お電話で聞くわけにもいかなかったので、今朝出かけにどきどきしながら、容態を聞きました。
「少しよくなってきて、水も多少飲みました」とのこと。

あ〜(T_T)よかった、生きててくれた

とりあえず病院に行ってどうするか、先生と相談することに。

病院の奥の入院している子たちの部屋へ通されると、点滴をしてぐっすり眠っているドナルドがいました。
入院中に診察していただいた結果、がんそのものというより細菌感染で敗血症を起こしていて、鼻や口の粘膜から出血が続いてしまったようです。
病院の手厚い治療により数値も良いほうへと上がってきているようで、しばらくこのまま治療を続けてもらうことに。

それでも白血病はいぜんとして危ないところまで来ているので、いつ容態が急変してもおかしくないので油断はできないらしいです。

今は目先の症状をケアしてあげないことにはうちに無理に連れて帰っても、苦しいだけだから、容態が安定するまで先生にお願いすることになりました。

本当にありがたいことです。どこかではとても重篤な状態になっても気にも止められず、どこかへ放置されてしまう子たちもいるだろうに。
先生や病院のスタッフの方々、そして皆様のご支援のおかげと思ってます。
ドナルドにかわって、感謝です。

そしてドナルド君、君のがんばりもえらい!まだまだいっぱい生きたいんだよね(#^.^#)

ドナルド「だって、シューの分と二人分、がんばるんだもん!」って言ってるような。シューも空から力強いエールを送ってるのでしょうね。

帰りにドナルドに「ドンちゃん、また迎えにくるからがんばるんだよ」そして心の中で「大好きだよ黒ハート」って、声をかけたけど、少し瞼が動いたけど、もうろうとしているようでした。

スタッフの方が「それでも昼間、起き上がって座ってることもありましたよ、今は眠っていたのでまだ目が覚めていないのだと思います」とおしえてくれました。

うちで一番私の後にぴったりくっついて離れなかったドナルド、ドンちゃん、また元気になってママの後ろについてきてね(*^^*)

IMG_0342.jpg

ドンがいない異変に気づき、なんとなく暗い雰囲気の群れ。
イバ子が何度もケージをのぞきに行っているのは心配してるからなのか、ドンにあげていたa/d缶のおいしい残り香をチェックしているのかは定かではない。。。(-_-;)
ニックネーム パッシェ at 22:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする