2014年04月16日

ちびっこ初のお散歩 そしてドナルドとシューベルトの体重逆転

IMGP0047.jpg
今日はチカの初めてのお散歩でした。
すごく楽しそうに歩いてくれましたるんるん
IMGP0005.jpg
IMGP0006.jpg
IMGP0007.jpg

見るもの嗅ぐものなんでも目新しい黒ハート
IMGP0012.jpgIMGP0015.jpg

シューベルトもドナルドも春の夕暮れが気持ちよさそうです
IMGP0017.jpgIMGP0022.jpgIMGP0025.jpg

ところで肥満だったドナルド、がりがりだったシューベルト。
それぞれ理想の体型を目指してダイエットしたり、お肉をつけるべく他の子の1.5倍ものフードを食べたりしてきた二人ですが、今日体重を計ったら、ドナルド5.9kg、シューベルト6.1kgと体重が逆転しました!
来た時よりドナルドは1kg減、シューベルトは1.6kg増ですグッド(上向き矢印)

ちなみに今日のチカは2.9kg、ぐんぐん育ってます。桜

シューは病院では7kgくらいまで増やしてよいと言われましたが、最近くびれがなくなってきているので、この辺でよいのでは?と思いますが、譲渡会の時に会長やみんなに見てもらわなくっちゃ。
ドナは軽くはなりましたが、写真で見るようにまだぽっちゃり気味です
IMGP0038.jpg
シューのほうが体重あるのにドナのほうがぽっちゃり見えるのはなぜ?と比べてみましたが、シューの方が身長が長いのね〜、それに毛並みがドナはふさふさで、すそが外に向かってカールしているのでより一層膨らんで見えるようです。
収容時ざんぎりにされて保護されたときより、だいぶ毛は伸びてきたけど、全部がきれいに生えそろうまではもうしばらくかかりそうです。

お散歩から帰ると、チカはやっぱりイバ子がいいようで、まっさきに飛びついていきます。
最初はまったく遊んであげなかったイバ子ですが、だんだんに愛着がわいてきたのか、遊びながらルールを教えてあげているようです。
何度も何度も飛びつきしっつこくするチカを時にはさせたい放題にさせ(イバ子が負けているの?と思えるほどやられっぱなしで)そうかと思ってみていると、テンションが上がりすぎて、これはやりすぎ?になると、一喝して叱ります。叱られるとチカもころんと転がっておなかを見せて降参ポーズを取りますが、そこからまたじゃれはじめ、再び体当たりで遊びをせがみます。
時にはイバ子がかわいそうかな?と間に入りそうになりますが、犬同士に任せていた方がいいようなので、もうしばらくイバ子には頑張ってもらいます。
IMGP0053.jpgIMGP0054.jpgIMGP0056.jpg
フラッシュで目が怖いことになっている

チカにはすでに応募が来ているようで、ありがたいことではありますが、その反面年齢のそれほど若くないドナルドにはよいご縁がまだつながらないのが、不憫に思えてしまいました。
家族に迎えた子と少しでも長く一緒にいたいという気持ちから、若い子に殺到するのは理解できますが、つらい思いをしてきた保護犬たちに残りの人生を暖かく見守っていただけるご家族から声がかかるのを心よりお待ちしております。

先日もセンターで処分されるはずであった片目が白内障のポメラニアン、何年も生きられないだろうけど、最後をセンターで終わらせるのは、と里親様の申し出をしていただいたそうで、頭の下がる思いです。

彼らのちょっと寂しそうなまなざしを見ていると、今までどんな家族とどんな暮らしをしてきたのかな、と考えてしまいます。
「大丈夫だよ!ドナルド、きっとあたなにも赤い糸はつながっているから、ダイエットしながら待っていようね揺れるハートかわいい




ニックネーム パッシェ at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする