2014年08月08日

ご報告とお礼

本日、シューベルトの葬儀を無事終了しました。
皆様には生前より、心のこもった募金や、針治療搬送サポート、励ましのメールやお言葉などたくさんいただき、本当に感謝しております。
シューベルトにかわってお礼を申し上げます
シューベルトも天国の階段を軽くなった足どりで、皆様の温かいお気持ちに感謝しつつ、虹の橋に向かっていることでしょう。

本当に彼は天真爛漫で、ちょっと。。。かなり?のわんぱくっこで、先生に叱られてもへこたれず、へへっ顔(ペロッ)て、と次のチャンスをねらってたり、おちゃめな子でした。
本来ならば、下半身不随になり、どよ〜んがく〜(落胆した顔)と落ち込むところなのでしょうが、彼の持ち前の明るさで乗り越えてきました。

亡くなる前日も針治療の搬送サポートに行っていただいたU様に連れられて戻ってきた時には片足はまだ少し引きづるものの、かなり走れるようになっていたそうです。
その姿を見るのを楽しみに今日お迎えに行くつもりでいましたが、残念ながらシューの雄姿を見ることは叶いませんでした。

歩けるようになる夢もかない、もう思い残すこともない、これ以上みんなに迷惑をかけたくないと思ったのか、突然の死に、私だけではなく、シューにたずさわっていただいた方全員が驚きとショックで言葉も出ない状態でした。

でもシューは幸せ者です。人に裏切られ、センターでガス室で処分されてしまう犬たちもいまだに多くいるなかで、晴れて外に出ることもでき、残念なことにヘルニアで歩けなくなりましたが、こんなにたくさんの方がシューのために心をかけていただいて、きっと「あぁ、人間も捨てたもんじゃない」って思ってくれてると思います。

シュー、陽気でやんちゃだった、シュー、今度生まれ変わる時はもっともっと幸せになるんだよ、またどこかで会えるといいね。
今度はずっと最後まで家族でいてくれる人のところに行くんだよ、その時が来るまでしばし、お空でゆっくりみんなと遊びながら疲れを癒してね。
お空で寂しいことがあったり、困ったことがあったら、ママの最愛の娘チャヤがいるから、守ってもらってね。ちょっとこわいお姉ちゃんだけど、本当はとてもやさしいお姉ちゃんなので、よろしく伝えてね

一緒に今日見送っていただいたうちの卒業犬アスランのママ、スタッフの方々、たくさんのお花をいただきありがとうございました。

IMGP0002 (1).jpgIMGP0001.jpgIMGP0001 (3) - コピー.jpg

シューの遺影に飾らせていただきます
IMGP0003.jpgIMGP0004.jpg

皆様、本当にありがとうございました。

ニックネーム パッシェ at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする