2015年01月05日

A Happy New Year!

みんなでおめでとう2015.jpg

昨年も皆様のご支援をいただき、ありがとうございました。
おかげさまでドナルドも新年を迎えることができました。

__.jpgドナルドタキシード2.jpg

ドナルドは昨年の12月に入院してしまいご心配をおかけしましたが、無事退院することができ、クリスマスも我が家で迎えることができました。
抗がん剤の変更により、薬が強すぎたようで、現在は1/4を1回/4日に減らして、様子をみているところです。
薬を減らすと白血球が上昇してしまい、下げるために増やすと血小板が減少してしまうので、その間のバランスを見ながらの細かい経過観察が必要になり、毎回小さな手から血液検査のため血を抜かれるのが、かわいそうですが、仕方ありません。
医療費もかさむとは思いますが、ドナルドもがんばっているので、よろしくね(#^.^#)

そして、いつもそのまわりをちょろちょろしていたあのケイティはめでたく昨年の暮に譲渡が決定しましたぴかぴか(新しい)とても怖がりなケイティ、びびりな保護犬にありがちな、男の人怖〜いだった、ケイティ。
うちのだんなさん。。。動物も大好き、しかも、もう男性のオーラゼロ!なのに、私が留守の時、かわりにごはんをあげると完全に姿が見えなくなるまで一粒も食べなかったのに。
きっとトライアルしても、慣れないまま戻ってくるのでは?と思っていたほどでしたのに、なんと!トライアルして三日目にはご主人が帰ってくると喜んで玄関まで出迎えるそう!

すっかりなついたケイティを見ると、縁ってやっぱりあるのね!と思ってしまう。
波長というか、何かあるのでしょうね。
以前の卒業生ジャスパーもたいそうな怖がりさんでしたが、譲渡会に里親様が見に来られた時、ご主人のお膝にちょこんと座って落ち着いていた姿にびっくりさせられたものでした。
あせらず待っているときっとよいご縁につながると信じて、保護犬たち、待っててね!

さてそのジャスパーちゃん、正式名マドちゃん、おととしはパパ&ママとタイに旅行に行ったことは以前ブログにも書きましたが、このたび「旅はワン連れ」というエッセイ本を出版されました揺れるハート揺れるハート揺れるハート

うちから卒業していった70頭以上の子たちの先輩、後輩になるマドちゃんの旅日記ぜひ買って読んであげてくださいね。るんるん
マドちゃんも超怖がりだった保護犬でしたが、里親様の愛情のあふれた努力で海外旅行までできるようになりました。
怖がりを克服するため試行錯誤していただいた様子ものっていますので、参考までにぜひexclamation

ポプラ社 で 片野ゆかさんです猫(笑)

ケイティちゃんもびびりですが、どちらかというとパニックになると暴れるより内側にきちゃうタイプなので、トライアル直後嘔吐して震えがとまらなくなったりと、里親さまをたいへん心配させましたが、細やかな対応をしていただき、今ではすっかりおうちの一員として暮らしているようです。
M様本当にありがとうございました。これからもケイティをよろしくお願いします。
m(__)m

ニックネーム パッシェ at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする