2015年04月18日

ドナルドがお空へ逝ってしまいました。

少しでも元気になって帰ってくることを夢見ておりましたが、願いは叶わず今日10:21に永眠いたしました。
生前には皆様の温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。

IMG_0353.jpg

朝、病院より連絡が来て、状態があまりよくないのでお昼までもたないかもしれません、と。たとえもっても数時間なので、このままにしておくと本人も苦しいので安楽死という選択肢も、とのことで、とにかく急いで病院へ向かいました。

あいにく車が自宅になかったので、家族の仕事場までバスで取りにいき、お昼前にはついたのですが、もう逝ってしまった後でした。
でも最後は意識もなく、最後は眠るように息を引き取ったそうです。
一番幸せな亡くなり方でほっとしました。苦しまなかったのが本当によかった。。。

会えなかったのは残念だったけど、きっと昨日会いに行ったときはもう心は半分お空に昇ってしまっていたのかもしれません。
昨日の面会までがんばっていてくれたのでしょう。

動物って、去っていくのタイミングを怖いくらい図っているような気がいつもします。
うちの動物たちを今まで何回も見送りましたが、たいてい一番大好きだった人たち全員がそろったのを見届けてから逝ったり。
今回も来週は私の仕事が一週間フルで入っており、でもいだとなったら休む気ではおりましたが、今週は逆にめずらしくぽっかりシフトが入っていない週でした。

そんなタイミングで具合が悪くなり、入院、最後の面会、お迎え、そして明日のお別れ、すべて仕事のオフをドナルドが私に気を使ってくれたような気がしてなりません。

あの子らしいです。

いつも控えめで、でもぴったりくっついていたくて、足元にいる。
でも決して他の子を押しのけたりでしゃばらない。
元気な時はちょっぴり嫌なことをされるとう〜ってうなって時にはお口がでることもあったりのわがままさんなとこも少しだけあったり。ちゃんと自分を主張するところは持っていたんだよね。

明日、午前11時をめざして真心霊園さんにてお別れをします。

今日は横のソファで寝ようと思ってます。

IMG_0354.jpg

びりぃも不思議そうにのぞきにきました。

IMG_0363.jpg

トレとイバ子も。
トレはいつまでたってもその場を離れません。
ドナルドと仲の良かったイバ子ならまだしも、ちょこちょこドナルドをからかっていたトレが?やっぱり悲しいの?(T_T)と思いきや、ドナルドが抱えているカーネーションの花をいたずらしようとねらっていただけでした(-_-;)

上手に細くて小っちゃい手をケージの隙間からつっこんで花を一輪取り出してしまいました(-_-メ)

トレ「花泥棒は罪にならないのさ」っていーたそーなチョコタン小僧!この場合は百パー罪になりますっ!

IMGP0181.jpg

元気なころのドナルド

これでしばらくダックス家の預かりは終了となります。
ダックス家から巣立っていった70頭あまりの保護犬たちを支えていただきましたたくさんの方々、本当に今までありがとうございました。
一頭一頭来た時からのことをついこないだのことのように思い出します。
みんな元気に幸せに暮らしてくれていることを祈ります。

そして保護犬を通して、生き物を飼うということは家族をひとり迎えるわけで、そこには終生「飼いとげる!」決意をもって決断していくことが必然だと改めて認識していただけたらいいと思います。

飼いとげるとは、一言でいうと簡単ですがその子の一生、自分の生活、いろいろなことがあると思います。思いもよらないこともあることも。
それでも困難にめげず、最後まで飼い通してほしいです。
生きていれば、病気もします。ちゃんとしつけなければ悪さもします。そして一番つらいお別れ。。それらを全部受け入れる気持ちで決断してほしいと思います。
決して衝動買いや、その時の気分だけで決めないでほしいと思います。
彼らはその一生の最後の時を、大好きな人にそばにいてほしいはずですから。

長い間、皆様 本当にありがとうございました。

引き続き当会をよろしくお願いします猫(足)





ニックネーム パッシェ at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする