2015年04月16日

ドナルドは入院です

朝、どきどきしながらケージをのぞくとぐったりして声をかけても意識はないものの、お腹が呼吸で上下に動いているので、ひとまずほっとしました。

でもトイレシートには昨晩食べてくれたフードを戻したらしい形跡がありました。
薄い血の混じったシミもシートに何か所かありました。

うちの子たち3頭をトイレにいかせ、いつもはその雰囲気で起きてくるのですが、眠ったままです。
とりあえず3頭にごはんを食べさせ、缶詰に抗がん剤や肝臓の薬などをまぜて持っていくものの、声をかけ起こしてみても臭いをかぐだけで、一口もつけず。

無理にあげるのもと思い、病院へ出かける前の支度をしていると、いつのまにかケージから出て、リビングにきてそこで力尽きたのか、横になっていました。
でもその途中でまた吐いたのか、大量の嘔吐物が絨毯の上に落ちていました。
片付けている間にゆっくり起き上がってお気に入りのピンクのマットへ移動。

病院へ出かける前に息子が仕事前でいたので、これからどうするか相談しました。
たぶんかなり状態が悪いので、今から病院で診察後、入院になってしまうと。
でも持ち直して何週間も元気に暮らしていけるのならよいけど、結局数日寿命が延びるだけで、病院のケージの中で最後を迎えるのがよいのか、1年以上くらし、うちの群れの一員と思っている彼の慣れ親しんだベッドの中で、穏やかに虹の橋を渡りたいのか。ただうちでは大した医療処置はできないので、最後が苦しんだとしても何もしてあげられない。病院では少なくてもそれなりの処置をしてもらえる。
どうしたらいい?と。
そして動物の死に弱い息子なので、うちで最後を看取るということは逝ってしまうつらい瞬間に向き合わなくてはならないけど、あなたはどちらがよいの?と聞きました。
でも息子もかわいいドナルドが死んでしまう時を迎えるのはとてもつらいけど、ドナルドがのぞむだろうことをしてあげたい、もし自分がドナルドだったら、ずっと暮らしてきた場所と仲間に見送られて逝きたいから、連れてきてあげてと。

そして今日どんな結果でも連れて帰るつもりで来診しました。

案の定状態はとても悪く、肺炎も起こしているようです。そしてピンク色の血は口からだけでなく鼻からも鼻水に混じって出ていました。
そして呼吸が苦しそうでした。水も飲まなくなってしまっているので、このままでは脱水症状もでてしまうようです。

今日は会の会長Wさんも様子を見に来てくれました。
結局、このままでは苦しくてかわいそうなので、とりあえず二日間点滴など治療をしてもらい、金曜日に連れて帰ることにしました。
今日明日が山だそうです。もしかしたらこの二日間で死んでしまうかもしれません。

今はただただ祈るだけ。もう一度ドナルドが終生のおうちと思ってくれた我が家に意識がある状態で連れて帰ることができたならと。。

シュー君の分もドナルドがんばってくれてたんだよね、がんばるのもう疲れたかもしれないけど、あさってまでがんばってね、迎えにいくからね


ニックネーム パッシェ at 00:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ドナルドの病状

ドナルドの近況ですが、正直あまりよくありません。。

抗がん剤を定期的に服用しているのですが、白血球の数値がふりきって計測不能になってしまい、先週から量をふやしているのですが、あまり改善してないみたいです。
ここ2週間前あたりから急激に元気がなくなりました。いつもは朝私が起きる気配を感じて、うちの子たちが吠えはじめるのにつられて、一緒になって「出して〜」と吠えるのに静かです。
ケージを開けるといつもはすぐに出てきたのに、しばらく出てきません。そのうちにいつの間にか出てきたと思ったら、トイレまでたどり着けなかったのか、違うところで用をたしてしまいます。
少しぼけてきたような感じもします。そのころから急速に白内障が進んだのか、目がかなり白くなり、よくは見えてないようです。

それでも食欲は衰えることなくごはんの時になるとみんなと一緒に並んでお座りして私の号令がかかるのを、じっと待っています。
もちろん完食してました。

しかし2,3日前から少し残すようになりa/d缶を購入し、フードにまぜてあげたらすごい勢いで食べてくれて少し安心。

それでもフリーにしているときはお気に入りのピンクのマットの上でずっとだるそうに寝ています。
もう、まるで寝顔が仏様のようなんです(T_T)
そして今日夕方くらいから、ベッドに這い上がれないのか、布製トイレシーツの上でぐったりしています。

夜のごはんはa/d缶でも食べませんでした。。。重篤な病気の子の最後の砦的な缶詰ですよね。。。

今はもう穏やかな顔でずっと寝ています。トイレシーツの上がよいのか這い上がれないのかわからないのですが、ずっと同じところにいるとつらいだろうと思って、ベッドにうつしてみました。
余計な事だったらごめんね、ドナルド。

明日は診察に行く予定ですが、朝がここのところ心配でどきどきしながら、ケージを除く毎日です。

お別れが近い気がします。

私はもっとドナルドに良い思い出をたくさん作ってあげたいと思ってきたけど、ドナルドも精いっぱい病気と闘ってがんばってると思うから、もうこれ以上がんばれ!っていうのはかわいそうなのかな?と自問自答してしまいます。

今日は彼のケージの横に寝てあげようと思います。

また明日、様子をお知らせします。
皆様、ドナルドが苦しまないようお祈りください、お願いします。m(__)m

IMG_0326.jpgIMG_0328.jpgIMG_0329.jpg

二日前のドナルド。お気にいりのピンクのマットで。

IMG_0336.jpgIMG_0337.jpg

現在のドナルド。
お別れが近い気配がして、とても不安で悲しい。。。
ニックネーム パッシェ at 23:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

ドナルドのんびりと暮らしてます^ ^

桜の花もぼちぼち咲き始め、日本で一番美しい季節をドナルドも迎えることができるようで、日頃会をご支援していただいている皆様に感謝(≧∇≦)です

薬の量やら種類も最近は安定しているので、観察しながら、体調が改善されれば少しづつお薬の量を減らしていく予定です。

体重もほぼ安定していて、もともとぽっちゃり体型だったので、油断すると増えてしまう。でも体重管理用のライトにフードを代えると減りすぎてしまうので、今はサイエンスダイエットの10歳以上で少しぽっちゃりくらいで維持することに。
プニュプニュしてて、まさに!柔らかいぬいぐるみです黒ハート

春先は気候の変化が著しいので、体調管理にきをつけないと。
以前動物病院の先生が、春先が一番動物の死亡率高いと言ってたから。

桜が満開のとき、お天気が良い日が、続くといいですね。
それではまた。




ニックネーム パッシェ at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

A Happy New Year!

みんなでおめでとう2015.jpg

昨年も皆様のご支援をいただき、ありがとうございました。
おかげさまでドナルドも新年を迎えることができました。

__.jpgドナルドタキシード2.jpg

ドナルドは昨年の12月に入院してしまいご心配をおかけしましたが、無事退院することができ、クリスマスも我が家で迎えることができました。
抗がん剤の変更により、薬が強すぎたようで、現在は1/4を1回/4日に減らして、様子をみているところです。
薬を減らすと白血球が上昇してしまい、下げるために増やすと血小板が減少してしまうので、その間のバランスを見ながらの細かい経過観察が必要になり、毎回小さな手から血液検査のため血を抜かれるのが、かわいそうですが、仕方ありません。
医療費もかさむとは思いますが、ドナルドもがんばっているので、よろしくね(#^.^#)

そして、いつもそのまわりをちょろちょろしていたあのケイティはめでたく昨年の暮に譲渡が決定しましたぴかぴか(新しい)とても怖がりなケイティ、びびりな保護犬にありがちな、男の人怖〜いだった、ケイティ。
うちのだんなさん。。。動物も大好き、しかも、もう男性のオーラゼロ!なのに、私が留守の時、かわりにごはんをあげると完全に姿が見えなくなるまで一粒も食べなかったのに。
きっとトライアルしても、慣れないまま戻ってくるのでは?と思っていたほどでしたのに、なんと!トライアルして三日目にはご主人が帰ってくると喜んで玄関まで出迎えるそう!

すっかりなついたケイティを見ると、縁ってやっぱりあるのね!と思ってしまう。
波長というか、何かあるのでしょうね。
以前の卒業生ジャスパーもたいそうな怖がりさんでしたが、譲渡会に里親様が見に来られた時、ご主人のお膝にちょこんと座って落ち着いていた姿にびっくりさせられたものでした。
あせらず待っているときっとよいご縁につながると信じて、保護犬たち、待っててね!

さてそのジャスパーちゃん、正式名マドちゃん、おととしはパパ&ママとタイに旅行に行ったことは以前ブログにも書きましたが、このたび「旅はワン連れ」というエッセイ本を出版されました揺れるハート揺れるハート揺れるハート

うちから卒業していった70頭以上の子たちの先輩、後輩になるマドちゃんの旅日記ぜひ買って読んであげてくださいね。るんるん
マドちゃんも超怖がりだった保護犬でしたが、里親様の愛情のあふれた努力で海外旅行までできるようになりました。
怖がりを克服するため試行錯誤していただいた様子ものっていますので、参考までにぜひexclamation

ポプラ社 で 片野ゆかさんです猫(笑)

ケイティちゃんもびびりですが、どちらかというとパニックになると暴れるより内側にきちゃうタイプなので、トライアル直後嘔吐して震えがとまらなくなったりと、里親さまをたいへん心配させましたが、細やかな対応をしていただき、今ではすっかりおうちの一員として暮らしているようです。
M様本当にありがとうございました。これからもケイティをよろしくお願いします。
m(__)m
ニックネーム パッシェ at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

ドナルドの近況

ドナルド君、また入院してしまいました猫(泣)

毎日服用しているお薬、輸入物で入荷が不安定なため、20日前から国産のものに切り替えておりました
そろそろお薬がなくなるので、月曜日病院へ来診。
診察時、必ず現状を把握するため血液検査をして、数値の変化をチェックします。

二日前の朝、いつも元気に一番に起きてくるドナルドがケージの扉を開けても出てきません。
みんなが起きてきて、ごはん!ごはん!と騒ぎだし始めてやっと起きてきました。
でもいつもならみんなにまじって、はやく!ごはん!と催促するドンちゃんなのに、元気がなく、結局朝食食べませんでした。
とても心配で様子を見ていたのですが、午後くらいから徐々に元気になり夕方にはいつものどんちゃんに戻り、夕飯以降食欲も戻り、元気にしていたのですが。。。
__.jpg

月曜日もお薬をもらいに行く!だけの軽い気持ちで、出かけたのですが。
血液検査の結果、血小板の数値が大きく減少しており、もしかしたら2,3日中に死んでしまうかも。。。と。
重篤になってしまった場合、うちは病院からも遠く離れているし、何もしてあげられないので、施設の整った病院で様態が安定するまで入院となりました。
おりしも、病院へ行く日の午前中、仕事だったので、帰りにペットショップで新しいベッドとクリスマスのおもちゃを買ってきたばかりだったのに。。。
もしかしたらお別れ化も。。と月曜にお預けするとき、とても悲しい気持ちでした。
シューも最後に病院へ預けて、奥へと消えていった姿が最後に見たシューだったなー、なんて思い出して。

でも病院の手厚い治療とドンちゃんの強い生命力でがんばっているようです。
まだ油断はできないけど、お薬が強すぎたせいもあったらしく、今はその薬を中止して点滴しながら、ケアしてもらってます。

がんばれ?ドナルド!あったかいおニューのベッドとおもちゃが待っているよぴかぴか(新しい)
完治することはないのでしょうが、ドンちゃんにはもっとたくさんの楽しい思い出を作ってあげたいと思ってます。
どの保護犬にもいつも思うこと、わたしの願い「あぁ、生きててよかった、犬生捨てたものじゃない、今がとても楽しい、幸せ揺れるハート」て、彼らに感じてもらえること。今までの分、取り戻してほしいです。

シューもお空から応援していると思うよ。

ダックス家から卒業していった70頭あまりの保護犬たち、みんな元気にしているかな、なんて思っているときに送ってきていただく幸せそうな彼らの写真は本当にうれしいです

image1.jpg

皆様覚えてますか?お母さんがセンターで9頭の子犬を産んで必死に他の犬から守っていた子たち。残念ながら一頭はセンターで死んでしまい、兄弟犬最後の卒業犬がドナテロで去年までうちにいたっけ。
その兄弟のレオナルド君。かわいい黒いやんちゃっで兄弟の中で一番大きな男の子
今はこんなにりりしくなり、お散歩に連れていると、「かっこいい」とほめられるそうです。
大事に育てていただいて、ありがとうございます。これからもてんてん(レオナルド)をよろしくお願いします。猫(笑)

ももちゃん.jpg

去年新しい家族をみつけたももたろう君、乗馬クラブの友人なので、よく連れてきます。たいそうなかわいがり様で王子様のようでした。



ニックネーム パッシェ at 01:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

倒れた振りをする超演技派ドナルド(^^;)

昨日、ケイティはトライアルへと出発しました
大変内気なケイティは、案の定不安そうにしておりましたが、今までも「よその人怖〜い」と言って私のそばを離れなかった子たちも、新しい家族の元、たくさんの愛情をそそいでいただき、再会した頃にはワタシのことなどは忘れて、ママにべったりになっていて、感謝の気持ちとともに、うれしいきもちになったものです。

ケイティもどうか新しい環境に馴染んでくれるとよいです。

ところで表題のドナルド様ですが。。。
確かに重い病気を抱えており、体力もないのでしょうが、ほかの子たちと一緒に散歩にいきたがるので、スリングを購入し、途中で歩けなくなったら、抱っこして帰る、作戦にしました。(先に散歩に単独でいっても、その後みんながいくと悲壮な声で泣くので)

昨日は割とはやいところで、「母さん無理です」コールが出てしまい、スリングにIN.
少し太り気味ではあるので、家の近くまで来たので、最後は少し歩かせようと思い、おろしましたが、数歩あるったら、また歩かなくなり、もちょっとだから、と歩くようせかしたら、寝転がって横になってしまいました。
(゚o゚;)これは相当つらいのか?とまただっこして、帰宅。

直後にみんなにおやつをあげようとしたら、隣の部屋にいたドナルドがすごい軽やかに走ってきました。
ついさっきの「ボク、もう死にそう( ・_・;)」は、どーしたんだ?
むしろ五人の中で一番元気だぞ!
と、ドナルドの見事?な演技を疑いながらも、いやいや体力落ちて持久力がないから、演技なんて言っちゃかわいそう、と思いつつ???
お茶目な表情に癒されてます

ドナルドがもっとたくさん幸せな日々をすごせますように。

ニックネーム パッシェ at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

グランド譲渡会ご報告(*^。^*)

またまたスマホからのご報告ですみません(^^;)

日曜日、奇跡的に天気がもって、無事に行うことができました。
きっと天も保護犬たちを応援してくれてるのね〜(T_T)なんて、ちょっと感激

感激といえばうちからの卒業犬とそのご家族(あたりまえだ、一人では来れないって(゚o゚;))が二組も会いに来てくれました。
二人とも立派になって、保護していたときのようなどこか不安気な様子はまったくなく、すっかりパパママっ子になっちゃって、とても可愛がっていただいていることがうかがえる様子でした
里親様たち、彼らをこんなにも幸せにしていただいて、心から感謝しております。m(_ _)m

そして、何人かの方がケイティに目を留めていただき、その中の一組のご家族のおうちにトライアルが決まりました。
なにせうちに来るまであまり外の世界を知らなかったようで、未知のものには相当慎重になってしまう怖がりなところがありますが、今までもそのような子がたくさん卒業していきましたが、安住の地を見つけて安心を実感するとみんな落ち着いて行ったので、それは時間が解決してくれるかとまで思います


それではそれまでにまた更新できたらいいです

ニックネーム パッシェ at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

明日はグランド譲渡会 雨?(^_^;)

明日のグランド譲渡会 お天気残念ながらよろしくないようで。。わでも、そんな中でも、保護犬たちの新しい出会いを求めて、期待して、雨天決行ですので、どうか悪天候にもめげず、会いにきてださいね
 もしかしたら、ずっと赤い糸がつながっている皆様のご家族となる子が首を長くして待っているかもしれませんよ〜(^_^)ノ

ケイティも大きな期待をいだきつつ、今朝も元気に遊んでました(*^。^*)
うちは夕方用事があるので、13:00ころまでしかいられませんが、お会いできることを楽しみにしております

では!譲渡会にて!!

ニックネーム パッシェ at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

グランド譲渡会ケィテイ参加です(*^。^*)

お久しぶりです
さて来週日曜日行われるグランド譲渡会、ケイティ参加しますので、会いに来てくださいね(^_^)ノ
はにかみ屋(死語?)さんのちっさな女の子だけど、だいぶ人にも慣れて、うちの集団にいても、一番先に出迎えてくれるのは、保護犬2頭のケイティとドナルドだけです(^。^;)
うちの犬たちは余裕こいてるんでしょうか、帰宅して靴を脱いであがつたところから、のそのそとやってきて「やー!おかえりー」とばかりに吠えて?迎えます(^_^;)

ケイティ来たときは用をたしたいときは、ケージのなかでもためらわずにしてしまい、ベッドを洗わなければならないことが、毎日でしたが、だんだんに我慢ができるようになり、今では寒くなってきたのにちゃんと朝、ケージをあけてあげて、出してあげるまで、我慢してくれているので、ベッドごと洗濯はまったくなくなり、冬にむかって洗濯物が乾きにくくなってきている今日この頃にはありがたいです。

ドナルドもお薬投与で闘病中ですが、お薬のおかげで、食欲もあり元気にすごしてます。

先月ニッサンスタジアムのフェスティバルでダックス家の預かり人の私、フリーマーケットなんか出ちゃいました。

売上金はすべてドナルドの医療費に、と張り切って出店したのですが、結構ギリギリに申し込んだのと、お試し会員枠だったので、全会場の末端の位置でして、行きのお客さんは中を見てから、帰りのお客さんはもうすでに荷物いっぱいで売り行き悪しで、最後には二点で百円!なんて。
それでも当日の売上1550円、すまない。。、ドナルド(T_T)
駐車場1200円と友達と折半した出店料1750円を引くと赤字だ〜(゚o゚;)

でもいいんです、グランド譲渡会の告知もしたし、何人かの方と保護犬についてお話できたし、私なりに実りのあったフリマでした。

11月も機会があったら再チャレンジです(^_^)ノ

なかなか画像がアップできませんが、機会があったらがんばってみますので、たまにチェックしてみてくださいね(*^。^*)

ニックネーム パッシェ at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

なんとも痛ましい事件です(T_T)

今週起きた神奈川のセンターでの事件。。。
咬んだから、かーとなって殴り殺しただとー!!お前が死ね!です(`_´)
しかも相手は椎間板ヘルニアになって飼い主に放棄されて、身も心もボロボロのダックスの女の子。
ヘルニアってことは、シューみたいに歩けなかったのよね、そんな弱い子相手に激怒するなんて、危ないわー、この人間。
こういう奴だよね、駅とか町中でも喧嘩してカーとなって、気がついたら人殺してたっていうやつ。

10歳越えて、生きてきた最後の結末がこんなことでは、不憫でなりませんね

うちの子も怒ると咬む子です
保護犬ではなく、うちの子ですよ〜
怖いから不安で咬む子、わがままに育って思い通りにならないとお口がでる子、原因はいろいろです。
遺伝子的なものが原因になっている子もいるそうです。
不安で咬むうちのトレちゃんは、うちに来る前の生い立ちがわかりませんが、たぶん言うこと聞かないと体罰を受けてたのかな
でもうちにきて4年は経ちますが、来たときより、沸騰点はだいぶ低くなりまた。お互いの間に信頼関係が育ってきたからだと思います。こちらもつぼを心得てきましたしね(*^_^*)

それって、人の子育てと同じだと実感します。
信頼関係も崩れている親子関係に体罰があった場合、悲惨な結果になるのは言うまでもありません。


それを語ると一晩かかっちゃうから、取りあえず犬ブログなので、話は元に戻って、平塚での女の子、怖かっただろうね、今まで暮らしていたところから、知らない場所に連れてこられて、おうちの人はどこにいってしまったの?つて不安な思いで、心が張り裂けそうな気持ちだったよね?
しかもある日急に立てなくなって歩けなくなって、もう訳が分からす、パニック状態だっただろうに。
だから、センター知らないおじさんが近寄ってきたから、怖くて咬んじゃったんだよね。あなたたちは口がきけないから、怖さや不安を表現するすべをしらなかっただけなのに、いきなり鉄の棒でなぐられて、痛かったよね、こわかったよね、そしてもうその痛ささえ、うすらいできたとき、さみしくて、悲しかったよね。でも今は明るくて暖かいお空の上でシューたちと仲良く遊んでね、つらかった記憶を洗い流してくださいね。
そしてその大きな心の傷が癒えたら、今度は絶対見捨てない家族の元に生まれ変われるといいね。

この酷くて、悲しい事件を知ったみんなで祈ってます

世界から動物虐待がなくなりますように。


ニックネーム パッシェ at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする