2014年09月01日

九月になりましたね

スマホからで、失礼致します

早いもので、シューが天国へ逝ってしまってから、来週で早1ヶ月が経とうとしています。
シューのためにみていたヤフーなどの車イスも、ウォッチリストから、すべて外したはずなのに、今までの履歴の回数でなのかで広告のところによくわんこの車イスが出ていて、そのたびにあの子のことを思い出します。

とはいえ、そんな思いにふけっているわけにもいかず、我が家にはまだ二頭の家族探し中の保護犬がいます。
ドナルドは療養中なので、募集はしておりませんが、チョコタンダックスのケイティは新しいご家族をまっておりますので、ぜひ興味のあります方は、見にきてくださいね。 
小さめなとても毛並みがきれいな女の子です。
あまり外の世界を知らなかったのか、未知のものには慎重な面がありますが、エネルギーはおとなしめな子なので、この子のエネルギーにあったご家庭が理想かと、思います。

おとなしいと言っても、まだ何かを要求するときに吠えてしまうところもありますので、根気よく、教えていきたいと思います。
甘えっこさんは、保護犬ほとんどがそうなのですが、この子は静かに誰かを押しのけることもなく、じっとその場があくのを待って、誰かがどいたら、そーっと近づいて、安心したように横に座ります。
攻撃的な所もないので、くわえていたものを取り上げても、怒ることもなく「あ、とられちゃった。。。」という目でみるだけですので、先住犬がいるおうちでも問題ないかと思います。

一方ドナルド君も原因未確定の炎症数値が高いだけで、それも今はお薬がきいて、元気です。
おトイレも外すことなく、手の掛からない子です、
検査で一部毛を刈られてしまってますが、それ以外のところはますますふわふわ感が出て、ほんとにやわらかくて、ぬいぐるみみたいです。
ルームメイトのシューも見守っていると思うので、シューの分まで幸せにならないとね。

今までダックス家から70頭近く卒業していって、深刻な病気や怪我などなかったのに、立て続けに二人ともで、さすがに焦りました。
となりで相鉄線引き込みの工事が始まり、すごく深い穴を掘り始めた直後だったので、何かの障り?(・_・;)とも思い、友達に勧められたお寺にご祈願に行ってきましたよ。

皆様に話したら、そもそもたくさんの犬が今までいて、何もなかったのが、不思議なくらいなので、今回のは偶然だよって。

そんなこんなでダックス家、現在五頭と三人が狭いフロアーで生活しておりますが、狭いながらも楽しい我が家だと思ってくれるといいです。
帰ってくると、狭い玄関に全員が迎え出てくるので、ダックスたちで床が見えないほどです。ダックス好きにはたまらない光景ですよ(^o^)

最近リーダーのびりぃの耳が遠くなったのか、待て!のあとのよし!の号令が聞こえないのか、みんなが食べ始めても、うえを見上げて、待ってます。みんなが食べ始めてるんだから、気づけよ、と思いますが、彼の中では「みんなフライングしてるよ、号令待ちなさいよ」と。
そしてほかのみんなは「ばかじゃね?」って、言ってるとか言わないとか。。

そんなびりぃも毛づやだけは若者に負けないくらい、美しいです

それではまた、ご報告します(^_^)ノ




ニックネーム パッシェ at 14:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

ご報告とお礼

本日、シューベルトの葬儀を無事終了しました。
皆様には生前より、心のこもった募金や、針治療搬送サポート、励ましのメールやお言葉などたくさんいただき、本当に感謝しております。
シューベルトにかわってお礼を申し上げます
シューベルトも天国の階段を軽くなった足どりで、皆様の温かいお気持ちに感謝しつつ、虹の橋に向かっていることでしょう。

本当に彼は天真爛漫で、ちょっと。。。かなり?のわんぱくっこで、先生に叱られてもへこたれず、へへっ顔(ペロッ)て、と次のチャンスをねらってたり、おちゃめな子でした。
本来ならば、下半身不随になり、どよ〜んがく〜(落胆した顔)と落ち込むところなのでしょうが、彼の持ち前の明るさで乗り越えてきました。

亡くなる前日も針治療の搬送サポートに行っていただいたU様に連れられて戻ってきた時には片足はまだ少し引きづるものの、かなり走れるようになっていたそうです。
その姿を見るのを楽しみに今日お迎えに行くつもりでいましたが、残念ながらシューの雄姿を見ることは叶いませんでした。

歩けるようになる夢もかない、もう思い残すこともない、これ以上みんなに迷惑をかけたくないと思ったのか、突然の死に、私だけではなく、シューにたずさわっていただいた方全員が驚きとショックで言葉も出ない状態でした。

でもシューは幸せ者です。人に裏切られ、センターでガス室で処分されてしまう犬たちもいまだに多くいるなかで、晴れて外に出ることもでき、残念なことにヘルニアで歩けなくなりましたが、こんなにたくさんの方がシューのために心をかけていただいて、きっと「あぁ、人間も捨てたもんじゃない」って思ってくれてると思います。

シュー、陽気でやんちゃだった、シュー、今度生まれ変わる時はもっともっと幸せになるんだよ、またどこかで会えるといいね。
今度はずっと最後まで家族でいてくれる人のところに行くんだよ、その時が来るまでしばし、お空でゆっくりみんなと遊びながら疲れを癒してね。
お空で寂しいことがあったり、困ったことがあったら、ママの最愛の娘チャヤがいるから、守ってもらってね。ちょっとこわいお姉ちゃんだけど、本当はとてもやさしいお姉ちゃんなので、よろしく伝えてね

一緒に今日見送っていただいたうちの卒業犬アスランのママ、スタッフの方々、たくさんのお花をいただきありがとうございました。

IMGP0002 (1).jpgIMGP0001.jpgIMGP0001 (3) - コピー.jpg

シューの遺影に飾らせていただきます
IMGP0003.jpgIMGP0004.jpg

皆様、本当にありがとうございました。

ニックネーム パッシェ at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

悲しいお知らせ(T_T)

シューベルトが昨晩から今朝の間に亡くなってしまいました。。。
病院に入院中だったシュー君、朝スタッフの先生がいらっしゃったときには、もう冷たくなっていたそうです。
原因は不明だそうです、とても残念です、明日退院予定でした。
シュー用に通販で介護用後ろ足補助ベルトも購入し、昨日届いたばかりでしたのに。。

詳細は後ほど

明日、真心さんの霊園で荼毘に付されます。

ニックネーム パッシェ at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

恐るべし猛暑(゚o゚;

毎日暑いですね〜、人にあっても、よそのブログを覗いても、暑い、暑い言葉があふれてます

真夏の外出で心配なことは、やはり留守番しているわんこたちのこと。
Webカメラを四台設置して、スマホから様子をチェックしておりますが、そんな心配もよそに、彼らおもいおもいの場所でお腹出して寝てます。
動画の意味ないんじゃない?と思えるほど、あまり変化がなくてつまらない。。とはいえ、冷や汗をかくような変化があってはならないのですが。

ニックネーム パッシェ at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

ドナルド帰宅(*^。^*)

昨日、状態が安定しているということで、ドナルドを仕事帰りに迎えに行きました。
検査の結果、はっきりしたことは判明できないので、しばらく定期的に検査しながら様子を見ていくことになりました。

でも帰ってきたドナルド、元気ですよ(*^。^*)ごはんの食べもよく、いつもの定位置で、くつろいでました。
ドナルドが帰ってきたことで、ケイティの、「ひとりで寂しいよ〜」という消灯時の鳴き声もなくなりました。


お盆休みにはシューも帰ってきます。
久しぶりにダックス家にぎやかになります

20年近く毎年欠かさず参加していた乗馬倶楽部の八ヶ岳合宿、今回は見送りです。今まで何頭の保護犬と参加しただろう
みんな元気かな?
ニックネーム パッシェ at 08:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

記事の重複失礼しました(・_・;)

私の入力ミスなのか、スマホで入れた記事2件がたくさん重複してしまい、ご迷惑をおかけしました。
ドナルド君の検査結果は一週間かかるそうです。
結果が少しでもよいものでありますように、皆様ドナルドのために祈ってあげてくださいね。


ニックネーム パッシェ at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

久しぶりに画像UP

しばらく画像をアップする時間がなかったので本日まとめて。
約1か月分あります。

まずは六月初旬、針治療の帰り、久々の我が家にお泊りに帰る途中、立ち寄ったニッサンスタジアムにて。この日はルームメイトのドナルドが付き添いに来てくれました。

DSC_1336.jpgDSC_1341.jpg
ドックカーに不満げながらも、きょろきょろと見回すシュー。
DSC_1343.jpg
帰りの車の中、助手席で。
DSC_1335.jpg

六月雨の日の譲渡会 車から失礼るんるん ドナルド&ケイティ
 DSC_1332.jpg

ケイティも避妊手術がんばったよ!

IMGP0019.jpg

シュー針治療後、二度目のダックス家への外泊
今日の付き添いはケイティ(協力病院にて抜糸があったので、一緒に来ちゃいました)DSC_1362.jpg

あ〜、退屈だな〜(ただいまじっとしていること我慢中のシュー)DSC_1364.jpg

おやじ(先生あせあせ(飛び散る汗))が見てないうちに動いちゃおうダッシュ(走り出すさま)と、ちらちらと先生をチェックするシュー。
DSC_1363.jpg

針が終わり、我が家へ
歩けない以外はいつもと変わらないシュー君でした。食べるの大好き、動くの大好きハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)るんるんそんな明るいシュー君だからこそ、この苦境を乗り越えることができるんだね

ごはん最高exclamation×2ハートたち(複数ハート)僕はこの時間が一番好き黒ハート
IMGP0009.jpg

ドナルド&シュー
お座りしてじっとごはんGO!の号令を待つ時のドナルドの姿勢は彫刻のようにきれいです。
IMGP0012.jpg

がっつき二人組IMGP0013.jpg
終わるとよその子の皿をなめまわさずにはいられないお二人さん。
IMGP0016.jpg

あ〜、お楽しみが終わっちゃったバッド(下向き矢印)
IMGP0017.jpg
うちに四泊泊まって、次の日に病院へ送っていきました。
診察室でケージから出すと、後ろ足をひきづりながら、ものすごい速さで(蛇のように奥へと消えていきました。私を振り返りもせず顔(泣)とてもかわいがってもらって、今はここがホームと思っているようで、入院中不憫だと思っていましたが、安心しました。看護婦さんも「シュー君、お帰り〜揺れるハート」とやさしく声をかけてもらってました。
協力病院のスタッフ様にも本当に感謝です。
そして搬送のお手伝いをしていただいている方々にも、暑い中ご多忙にもかかわらず、動いていただき心より有難く思っております。

こんな、感じでたまっていた画像をやっとupできました。

追伸:
ドナルド、病院でも元気はあるらしいのですが、どうやら結果が深刻なようで、とても心配です。顔(汗)






ニックネーム パッシェ at 12:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

ドナルドとケイティ

ドナルド君、血液検査の結果少し?なところがあったので、大事をとって協力病院様に火曜日から入院してます。(T_T)
先週食欲がなくなり、フードをふやかしたら食べたので、しばらくふやかしフードを与えていたのですが、ドライのままにすると、半分くらい残してしまいます。歯が悪いのかと、病院で診てもらいましたが、虫歯や歯周病はないようで。
その時採った血液検査の結果、先生が気になるところがあるらしく、調べてもらっています。

病院へ行くときも、シューの付き添いに行く時も、ガレージに行くと嬉しそうに車に自分から乗るドナルド。
前の飼い主さんとの最後の記憶は車でどこかまで連れてこられて、捨てられたのかな?
だから、車に乗ると「あぁ、やっとパパ、ママ迎えに来てくれるんだ♪」と思ってしまうのだとしたら、切ないね。
もう会えないんだよ。。
そんな彼らを見ていると、残りの人生目一杯幸せにしてあげたいと思います。
ドライブも好きれしく、通り過ぎる窓の景色をいつまでもながめてます。

おトイレもしっかり覚えているドナルド君なので、留守中もほぼフリーにしていますが、いつも控えめに部屋のすみっこでお腹だして寝ています。
いつのまにか、そこに彼がいるのが自然になってしまい、今リビングの片隅がぽかんとあいてしまったようで、寂しい感じです。

そしてもう一頭の保護犬ケイティが、今まで夜中に吠えたことがなかったのに、ドナルドがいなくなってから、寂しいのかいつまでも吠えています。

真剣に目を見て叱るとわかる子なので、静かにはなりますが、ふと目が覚めたとき、近くにお友達がいないのに気づくと、また寂しがってないちゃうのよね。
ケイティは少し恐がりさんで、他のわんちゃんには支配的ではないので、あまり強すぎない先住犬がいるわんちゃんがいるおうちのほうがいいのかもしれません。

だいぶ人にも慣れてきて、トイレもほぼ覚えました。ここのところ、ケージの中のベットに夜中、そそうしないで、朝私がだしてあげるまて、我慢ができるようになりました。



ニックネーム パッシェ at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

シュウ君の近況とドナルド、ケイティたち

ご無沙汰してます。仕事場の駅に着くまでの短いご報告となります

シュウは少しづつよい兆候を見せています。
先週、4泊うちに帰ってきたときも、消灯時ケージにみんな入ってもらうのですが、入れると出せ!出せ!と少し抵抗し吠える彼ですが、その一瞬四つの脚でしっかり立つのです
でも足首がまだなので、そのあと座り込んでしまうのですが、以前はありえなかったことです。
4日間足の裏がしっかり床に着いていると立てるので、肉球を床につけ、股関節を少しささえてあげると、ひょろひょろと歩くので、隙をみてはそんなリハビリを。先生もどんどん歩かせたほうがよいの言うことなので、次に来たときも、がんばろうね、シュウ(^_^)ノ

皆様の心暖かい支援金のたまものです。いつもお礼の気持ちを伝えたいと思いつつ、なかなか更新できず、すみません。
うちからの卒業犬エスカー君の里親様もご支援いただいたようで、本当にありがとうございます

あ、もう着いてしまった、
それではまた、後ほど。


ニックネーム パッシェ at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

再び手術見送り、その後のシューベルトの様子

火曜に手術予定でしたシューベルトですが、高度医療の先生から、会長の渡井さんと一緒に話しをきき、Wさんもシューベルトのために何が一番良い選択肢か考えてくださいました。

そして、針で今少しづつ効果が出てきていること、手術も成功率は一桁代ということ、そのわりに背中をかなり大きく切るので本人の負担が大きいことをふまえ、とりあえず針治療をこのまま続けていき、その先あまり変化がないようであれば、数パーセントの確率にかけて手術をお願いしましょうと。

ということで皆様のご協力もあり、せっせと針治療に通っているシュー君です。
もう失禁などはなくなり、感覚がもどってきているので、一日おきでいいそうです。
アスラン君、応援してくれてありがとう!手術はしなかったけど、針、がんばるよ〜、てシュー君、言ってるとか(^。^;)

暑い夏がやってきて、省エネのため保護犬もうちの子も狭いワンフロワーで一日中生活をするようになり、酸素薄い!感じです。
ケイティの恐がりさんも少しづつ、心を許すようになり、ごはん食べた後はあっちこっちで犬が横に伸びて転がっています。

その後、人間のエサ?の時間ですが、忙しいときは彼らを踏まないように、まさに障害物競争です。
ドナルドはびりぃが怖いようで、そばにはよりません。そしてびりぃのドナルドを見る目がなんか、いじわるです。。(^。^;)
うちの子たちはすでに定住の住処を得たことで余裕なのか、まったりしたいときはマイペースに思い思いの場所でくつろいでいますが、どの保護犬のこもまた不安からなのか、私がいるとかまってほしい、とかわるがわるアピールしてくる姿がいじらしいです。
今朝、ケイティが誘導付きですがおトイレができたので、すごーくほめていたら、遠慮がちにドナルドがきて、僕もほめて、と言わんばかりに体をこすりつけてきました。もう、ほんとにかわいんだから、ドナルドってば(*^_^*)


ニックネーム パッシェ at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする